hanayuukaの日記

適当に日々思うことを書いていきまっす!

『本気の副業術』を読んだ感想

 

本を読むのがめっぽう苦手な私でも最後までちゃんと読みきった本がこちら⬇︎⬇︎

AKIOBLOGさんの『本気の副業術』

f:id:hanayuuka:20210405213619j:image

(これからこの本を読もうとしてる人にはネタバレになってしまう記事になるので、さらっと読んでいただきたい🥺)

 

 

いまさら副業術なんて、本業を辞めてフリーターになる人間が読んでタメになるのかと思っていたが、目次にまず惹かれた。

・好奇心の鬼になる

・行動力の鬼になる

・ルーティンの鬼になる

・影響力の鬼になる

これら全ていまの自分に必要な要素であり、この本に興味を持った。

 

AKIOさんは、YouTubeとブログで稼いだ人であり、今わたしがやっていることにとても似ていて、こんな地道にやっていることでも考え方を変えることで儲かることを知った。

彼は筋トレが好きで、筋トレのYouTubeを最初は載っけていた。しかし、筋トレの動画をYouTubeに載っけている人はごまんといるので、彼が再生回数を伸ばす為に考えた方法がサラリーマンと筋トレを掛け合わせることだった。サラリーマン✖️筋トレの動画を載っけているYouTuberはほぼいない。ということから自分自身に希少性を持たせ、“筋トレ”という分野ではないところで勝負したのだ。結果、登録者数が何万人にも増えたのだという。

その考えにはなるほどと思い、私もただブログを書いたり、ウクレレ弾き語りのYouTubeを載っけるだけでなく、ここに自分しかやっていないであろう別の分野をプラスすることでニッチなファンを増やしていくことが大事だと気付かされた。

 

彼は今は社長であるが、正社員時代は、朝7時から9時までの2時間でカフェでブログなどの副業をし、本業では残業せず夜は筋トレをするという毎日を送っていた。

そして、土曜日には親友とミーティングをし、経過報告と今後の目標を話し合うことで、三日坊主にならずに毎週何かしら成長したかたちで親友に会い、お互いに切磋琢磨していたそうだ。これは私にも当てはまることで、彼氏とほぼ毎日お話ししているなかで、今日考えたこと、やったことを伝え、明日は何をやるかをお話ししている。自分が考えたことを話すことでアウトプットでき、さらに言ったからには明日必ずやる。という使命感ができる。今私がやっていることはなんとなくやっていたことだがとても重要であることに気づいた。

 

AKIOさんは、YouTubeや筋トレ、ブログ以外にもプログラミングを勉強したり空き家を改装してカフェを作ったり様々なことに挑戦していた。全部うまくいったわけではなく、悔しい思いもたくさんしてきたそうだ。それでも、全ての挑戦がやったほうが良かったと言えるもので、失敗から学べることがたくさんあるという。AKIOさんは「迷ったらやる」とうストレートな信念の元で行動している。現状維持が1番の甘えだという。シンプルにその信念はかっこいいなと思い、たしかに人間は行動するか迷ったら、やれない理由を考えがちだが、そこで行動しない選択肢を取ったら一生成長できない。

 

最後にAKIOさんの言葉で心の底からやりたいことを全部やって生きようという言葉がある。

仕事:心の底からやりたい&人の役にたつこと

趣味:心の底からやりたい&人の役にたたないこと

と定義付けている。

心の底からやりたいものであれば、それは副業ではなく本業だとAKIOさんはお話ししていて、趣味に関しても突き詰めて結果を出し、共感してくれた人に対して価値を提供できればもはや仕事になる。とのことだ。

社会人は今の仕事に全身全霊を尽くさなくてはならないという風潮が日本にはあるが、もちろん本業を手を抜いてしまったら元も子もないだろうが、挑戦してはいけないと誰が言ったのだろうか。

私の場合は、日本一周をするために現場に行って仕事をするということができなくなってしまうため今の仕事を辞めるが、もし続けられるのであればAKIOさんのように挑戦していたかもしれない。ただ、AKIOさんは人一倍動いていて、娯楽や合わせる人間も制限していて、誰よりも努力をしていた。私は今の仕事をやりつつできるかと言われたら、夜勤が多いのでできる自信が無い。

彼がやってきたことは誰でもできることではないが、彼のルーティンや考え方、自己投資の仕方の要素要素を取り入れることで成功できる道筋はできるのかもしれない。

実はもう彼の要素を真似している部分があって、今月たてた目標はAKIOさんを見習ってたてている。

 

もう一度改めてここで言うが、彼の「迷ったらやる」精神はいまの私の支えになっていることは間違いない。

面白そうだな、と読もうかなと迷っている方は是非読んでいただきたい一冊だ👍

4月の個人目標☝️

 

仕事を辞めると3個前のブログでお話ししたが、とうとう直属の上司にも伝えることができた。

上司は、たくさんの苦労をして社会で生きてきたことから現実主義な部分があり、今回の件について、1年でやっと仕事ができてきた頃に辞めるのはもったいないし、君は1年で何を学んだの?とお話ししていて、私が日本一周のあとゲストハウスを経営したいとお話ししたら、このご時世で経営するのは困難なことがたくさんあるし、もう少し会社に残って経営の基礎を学んでから辞めた方がいいんじゃないか。と私の為にお話ししてくれた。

確かに上司の言わんとしていることは私も会社を辞めるか悩んだ部分でもあったし、なるほどなと思うこともたくさんあった。

でも松木さんのことだから、もう決心はついてるんだよね?っておっしゃっていて、私も会社に残って色々勉強するよりも自分の力でまずやってみてその中で必要な事を学んでいくほうが自分の成長速度が速いと思ったので、辞める決心をしたのだ。

 

その後人生で初めて退職届をもらって、書類1枚で辞められるのかと思うと少しだけ悲しい気持ちになったのと、これからの不安と期待の気持ちが膨らんだ。

 

そこで、だ。

仕事を辞めるにあたって、どの社会人よりも行動しないとただのフリーターになってしまうので、自分のケツを叩くためにここで4月の目標をここに詳しく書いていく。

引き続き⬇︎⬇︎

・毎日30分のライブ配信YouTubeの宣伝の為)

⇨半月で11人増えた

・ブログ毎日更新(オンラインバイトの為)

⇨ライターのバイトを探すうえで何もしないより未経験者でも毎日ブログを書いてる人の方が採用側もやる気を認めてくれると思ったから。

実際、PV数も読み手側の興味を得ることができたら1日で150近く見てもらえることに気づいた。

4月の新しい目標⬇︎⬇︎

・興味のあるオンラインバイトを見つけ、面接&採用までたどり着く。

・古民家をシェアハウス化しようとしているので、それにかかる費用の計算。

・古民家シェアハウスのクラウドファンディングを考え、5月から運用できるまで準備する。

・日本一周にかかる費用の計算。

 

今月はキツキツで今の本業もあるので、休みの日に時間を費やさないと全くもって進まない。

今月は忙しくて何もできなかったとか、もうそんなあまいことを言ってられない状況なので、来月のフィードバックを是非みなさん楽しみにしていただきたい!!

3月の食費1ヶ月1万円生活

 

みなさんこんばんは。

 

食費2人で1ヶ月1万円生活も、3ヶ月目が終わりました。といっても、今月は11日間彼と一緒にいなかったので1人3000円で予算は2人で6000円でやりくりしました。

 

そして今月の結果はこちら⬇︎⬇︎

f:id:hanayuuka:20210403001943p:image

 

1,570円のオーバーになりました。

ここに今月は米代が880円加算されるので、さらにオーバーします。米代の出費は仕方のないことですが、家計にはだいぶ痛いです。

 

オーバーしないように実家に帰省した時にありとあらゆる食材を持ってきたり、スーパーでは値下げした野菜しか買わなかったりと様々な取り組みをしているのですが、なかなか現状は厳しいです。

 

ただ3ヶ月こんな生活をしてて、得た能力としては買い物上手になったこと。値下げする時間帯を狙って買い物したり、使い切れる量の食材を考えて買ったりと買い物に関しての知識のスペックはかなり上がったと思います。買い物だけに限らず、1つの物事をやるにあたって、どうやったらベストな方法でできるかを考えることはとても重要だと感じました。(買い物ごときでこんなに深く考えるとは思いませんでした😂)

 

そしてこの生活をすることで生まれて初めて家計を見つめ直すことができました。予算内でやりくりすることが苦ではなくむしろ楽しんでやっている自分を発見したので、これからの日本一周の旅ではその家計能力は使えるんじゃないかと考えています。ガソリン費だったり洗濯費だったり切り詰めていかないと旅が続かないので、この1ヶ月1万円生活のノウハウが後々に役に立つのではないかと思います。

 

シェアハウスでの生活は残り1ヶ月を切り、今後自炊が満足にできる環境に居住するかわからない状況なので(どうゆうこと!?家なくなるの?と思う人もいるだろうがちょっとまたこの話は別のブログで👍)一旦4月いっぱいで1ヶ月食費1万円生活は辞めようと思っています。

この生活が4ヶ月目に突入し慣れてきたので、今月は彼も私も、もっと満足できるようなご飯を作っていきたいと思います!!!

初めて整体院に行ってきました

 

上野公園に桜を見に行ったあと、ぷらぷらしていたら、彼氏が立ち止まったのでなにかと思って見てみたら整体全身60分2,980円との看板があった。

2人とも最近、体に支障があり私は腰痛で彼は肩こりで悩んでいた。

だから、この看板には目を惹かれ、整体に2人とも興味があったので導かれるように中へ入ってしまった。

 

今回たまたま入ったのが気楽堂整体院というお店だ。初めての整体だったので比べる他店はないが、整体に行ったことがない人もいると思うので整体初心者目線のレビューを書いていく!

 

お店に入ったら、中国系の店主が出迎えてくれて、優しく接客をしてくれた。初めて整体のお店に入ったのでドキドキしたが彼が値段とか色々聞いてて本当に60分2,980円(税込)で施術してもらえるとのことだったので、やってもらうことにした。

2人同時にできるとのことだったので、カーテンで仕切られてはいるが隣同士でやってもらうことにした。

私を担当してくれた人は、中国人の男性で日本語がカタコトなので心配だったが愛想は良かったので少しホッとした。

パジャマに着替えてうつ伏せになってから始まり、どこを中心にやってほしいか聞かれたので、肩と腰をお願いした。

最初、腰を重点的にほぐしてくれたのだが、右側の腰が痛すぎて逆に腰がいってしまうんじゃないかと不安になったがだんだんほぐされていくうちに楽になった。しかし終わったらみたらそれほど以前の腰痛と変わっていなかった。

次に背中と肩をほぐしてもらったが、背中はすごく気持ちよく、肩も最初は凝ってて痛かったもののほぐされていくうちに頭にジンジンくる感じがしてリラックスできた。気持ちよくて眠気が襲ってきたので肩をほぐしてもらったときの記憶が少し飛んだ。

どちらかというと、腰よりも肩の方が凝りが無くなってサッパリした感はある。

残りの10分で仰向けになって施術されたのだが、両腕を持たれてブラブラさせられたり、足を色んな方向に曲げさせられたり、手足を引っ張らられたり、なになに!?みたいな感じな状況になってちょっと笑ってしまった😂

 

終わってみて、完全に患部は治った気はしないが、全身スッキリ感はあった。

私は施術中にお尻をパシッと叩かれたので、そんなことされたかと彼に聞くと、されてないよって言ってたのでやられたーと思った。彼も私が変なことをされないか施術中に聴き耳をたててくれていたらしい。笑

 

そんなこんなで私の初整体体験は終了した。初めは60分は長く感じるのかと思っていたがやってもらうと一瞬だった。月1回くらい通いたいと思ったがやっぱり体を触るものなので切実に女性に施術してもらいたい🤔

私の夢について

 

2個前のブログで、新しい挑戦をする!!

って宣言をしたが、読み返してみたら偉そうでちょっと恥ずかしくなってしまった🥺

 

 

さてさて、そのブログでチラッとお話ししたことの私の夢についてお話ししていきたい。

私の夢は自分の民宿もしくはゲストハウスを開くことだ。

 

なぜこの夢を持ったかと言うと、大学3年生のときにインターンで行った徳島県勝浦市の民宿を経営している夫婦に感銘を受けたからだ。

 

そのインターン勝浦市の地域創生をしに行くもので、勝浦市役所で2週間お世話になった。

その時に、1泊だけお世話になったのが”あおとくる”という民宿を経営している夫婦だ。

その夫婦が経営している民宿の家は、みかん農家を持ってるおじいちゃんから譲ってもらったもので、高齢で農業ができなくなり、農業を夫婦に継いでもらう代わりに家を譲るというものだった。

その夫婦は東京から移り住んできたいわゆるIターンという形で勝浦市にやってきたのだそうだ。猫が大好きな夫婦で、民宿の名前も猫の名前からきている。

その民宿は山の奥深くにあり、里からは車で15分程度離れていて、この時点から現実世界とは離されてワクワク感が止まらなかった。

夜ご飯は、BBQを振る舞ってくれて、その食材のほとんどは勝浦市やその周辺のものを使用していて、旦那さんが川から釣ってきた鮎もいただいた。ただ、料理を提供して終わりではなく夫婦も一緒にご飯を食べてたくさんのお話をしてくれたのだ。

人里離れた場所で地元の食材を使ったBBQはとても幸せだった。

その後、夫婦自作の縁側で夜風を浴びた。

夏の真っ盛りだったので夜風が心地よく、何時間でもいられる気がした。

そこで奥さんが「電気消すね!」と言った瞬間、街灯ひとつない夜空に広がる満天の星空が見えた。

山奥なので、空を遮るものは何もなく家も他にないので、今までに見たことのない星空だった。私はなぜか涙が出そうになるくらい、あぁ、私もこうゆう暮らしをしたい。この感動を色んな人に味わってもらいたいと心から思ったのだ。

 

次の日は、鮎釣り体験をしたり、釣った鮎で勝浦の郷土料理を教えてもらった。

初めて川で釣りをしたのだが、川底の岩の感覚と川と一体になった自分が神経が研ぎ澄まされる感じがして半日ずーっと集中できた。半日やっても1匹も釣れない私を見かねておじちゃんが鮎をくれたのだ。その鮎で、地元のおばちゃんから鮎の瓦焼など郷土料理を一緒に作った。

地域住民の方々はみんな優しく接してくれ、勝浦のことを知ろうとすればするほど嬉しそうにお話ししてくれた。

この時間は、田舎でしか味わえないもので、自然しかないからこそ成立するコンテンツなのだ。

 

私はこれらの体験から、田舎で民宿もしくはゲストハウスを開いて、地域住民の方々と協力し、私と同じような経験を色んな人に経験して欲しい。と心から思ったのだ。

勝浦での経験は私の今後の人生の軸となる時間となった。

 

それに付け加えて今は、自分の強みは愛嬌と、何事にも正直にいること、人を楽しませられること、だと思っているから、それを活かして私を目的に泊まりに来てくれるお客さんをゲットしたいと考えている。もし、自分を目的に来てくれるお客さんがいたらと考えるだけで幸せな気分になるのだ。

なので、自分の接客術をもっと磨いていきたいと考えている。

 

そして話は日本一周の挑戦に戻るが、この夢を叶える第一歩としてこれから動き出すのだ。

どこの地域で宿泊業をやりたいのか、どんな地域住民が住んでいてどんな風土で文化なのかひとつひとつの都道府県を見て周って自分の目で確かめに行こうとしている。

 

 

私の夢に長々と付き合っていただき、ありがとうございます。

ここで宣言したからには夢を叶えるしかないので、精進します!!

日本人の桜マインドについて

 

春といえば桜🌸🌸

ということで、今回のテーマはなぜ日本人は桜が好きなのかということについて自分なりに意見していきたいと思います!

 

私の地元は青森県弘前市で、弘前の城下町の桜は日本100選にピックアップされているくらい綺麗です。

同時期に桜祭りが開催され、多くの観光客で賑わっていました。

言葉で表現するよりも写真で見たほうが綺麗さが伝わると思ったのでこちらをご覧ください。

過去の弘前城の桜の写真です⬇︎

f:id:hanayuuka:20210327102255j:image

約18年間、毎年弘前の桜を見ていましたが飽きることがなかったです。というのも、青森県は冬が長く11月〜3月まで続きます。1年の半分もの時期が寒さが厳しく日照時間が少ない冬なので青森県民は春が来るのを待ち遠しく思っています。桜が咲くということは、長い冬の終わりを告げこれから暖かく心地良く暮らせる季節が来るという意味を持ちます。

ですので、私も毎年桜祭りの時期になるとワクワクし、新しい気持ちになり、毎年飽きることなく桜を楽しんでいました☺️

私にとっても、青森県民にとっても“桜”というものは大きな意味を持ちます。

 

ここまでは、青森県民としての見解でしたが、ここからは本題のなぜ日本人は桜が好きなのかに戻ります。

私の意見としては3つ

1つは、桜の満開を楽しめるのは数日程度しかなく儚いものだから。

2つ目は、日本人には大勢で集まって食べて飲んで楽しむ。という宴の文化があるから。

3つ目は、桜といえば春。ということで新しい季節の始まりでたくさんの出会いがあるから。

 

人は期間限定というものに強く惹かれがちです。特に桜はその例に該当していて、なおかつ天候によってはすぐに満開が見れなくなってしまうので桜の満開を楽しめる期間は本当に限られています。

また次の年まで待たなければ満開の美しい桜を見ることができないことから、日本人はそこに儚さを感じ、桜を思う存分楽しむのだと思います。

 

桜といえば一緒に開催される、お祭り。お祭りや宴の文化は日本独特のものであり、普段遠慮しがちな日本人ですが、宴となるとみんなでワイワイして盛り上がります。春の心地良い空気のなかでたくさんの人と一緒に食べるご飯やお酒はいつも以上に楽しいものになります。

私も毎年、桜の木の下でみんなとお酒を飲んで美味しいご飯を食べることが本当に幸せでした。コロナによって1つの楽しみを奪われてしまったことがとても悲しいです。

 

春といえば新しい季節の始まりで、別れもありますが、それよりも出会いの季節でもあります。

よって、桜を見ると「あぁ、また新しい出会いの季節だ。頑張ろう。」と日本人は少なからず思います。学校はクラス替えだったり学年が上がったりと環境が変わります。仕事だと新入社員が増えたり新しいプロジェクトが始まったりとより一層気合が入ります。新しい季節は新しい挑戦の始まりでもあるのでみんな新鮮な気持ちで日々を過ごすことができるのです。

 

そんなこんなで日本人の桜に対する想いを書いていきましたが、私なりの意見なのでもしかしたら全然違う意見を持っている人もいるかもしれません。

でも、春という季節はワクワクするものですよね。

このワクワク感を大切に、日々過ごすことで新鮮な気持ちで暮らせるのではないでしょうか🥰

私の新しい挑戦について

 

すごく個人的な投稿内容になってしまうのだが、私の意思表明に是非お付き合いしていただきたい🥺

 

 

前に今年は新しいことに挑戦したいと述べたことがあるが、今年の6月後半あたりから日本一周をすることに決定した。

ただ日本一周をするのでなく、軽バンを購入して約1年かけて旅をしようとしている。

 

なぜ日本一周をするかというと、私は民宿もしくはゲストハウスを開くという夢を持っていて、どの地域でやりたいかを日本隅々まで周り自分の目で見てちゃんと決めようと思ったことが1番の理由として挙げられる。

なぜ民宿もしくはゲストハウスを開く夢を持ったかはまた次回お話ししていきたい。

 

去年の12月あたり、なんとなく上記の理由で日本一周をしたいな〜と考えていたらまさかの彼氏の方からバンで日本一周したいと思ってるんだけど、ゆうかどう?って聞いてきてくれたのだ!!

私とは全然違う理由で、彼は日本一周をしたいそうだが、もちろん1人でやるより彼氏とやるほうが断然楽しいと思い、二つ返事でやりたい!と返事をした。笑

 

日本一周を軽バンを購入して始めるとなると、時間とお金が必要になる。ということで、社会人2年目の5月末で仕事を辞めることを決意し、お金は毎月ギリギリの生活費で超節約生活を送っている。

大好きな飲み会も友達とのランチも服やコスメも前よりもだいぶ我慢している。節約生活は辛いことが多々あるが、目標の為なら頑張れるこということを実感している。

 

さて、今3月下旬〜5月末までの目標をここで宣言する。

・ブログの毎日更新(バイトにつなげるため)

・毎日30分のLIVE配信(YouTubeの宣伝)

・オンラインバイト探し(バン生活での収入源)

これだけ?もっと頑張らないの?と思う方もいると思うが本業をしつつ、ここだけは継続していきたい最低目標だ。

少しずつ自分ができる範囲でやらないと精神崩壊するのはわかっているから、これらの目標が達成し自分の自信に繋げようと思っている。

 

今日は短めになってしまったが、後々のブログで自分の夢だったり、日本一周のコンセプトだったりを詳しくお話ししていこうと思う。